公立小学校の保護者とTRIPLE Pが協力 - Triple P ―前向き子育て
Carmen_Spry_and_family_high_res.jpg

公立小学校の保護者とTRIPLE Pが協力

オーストラリアのクィーンズランド州にある、学校ベースの最大の保護者団体が、Triple Pと協力して、公立小学校の保護者に前向き子育てを促しています。

P&C クィーンズランドは、他のプロジェクトと共に、無料のTriple Pセミナーを提供して、エビデンスのある子育て支援を、保護者が無料で気軽にアクセスできるように、各地区の委員会を促しています。

Triple Pプログラムはしっかり研究されていて、効果があると実証されている、とP&Cクィーンズランドの代表、ケバン・グッドワース氏は語ります。

「ほとんどの親が、できるだけよい親でいたいと思っています。でも、日々の生活の中で、どうすればそのような親になれるのか、理解するのは簡単ではありません」と、グッドワース氏は言います。

「クィーンズランド州では、Triple Pが無料で提供されているので、この機会を逃さないように、我々の学校コミュニティーに呼びかけています―90分のセミナー、グループプログラム、個別のセッション、オンラインの支援のどれでもいいのです―保護者の子育てスキルと自信を築くよい機会です」

Triple Pの創始者である、クィーンズランド大学のマット・サンダース教授は、穏やかで、一貫した、前向きな家庭環境の中で子どもが育つと、その後の学校生活、仕事、人間関係、心身の健康が良好になる傾向にあると語ります。

「子どもがどの学校に通うかよりも、子どもの家庭環境がずっと大切だということが、長年の研究からわかっています。親、そして子どもの世話をする皆さんは、子どもの人生に大きな変化をもたらすパワーを持っているのです」とサンダース教授は言います。

「親が子どものためにできる最善のことは、前向きな行動を促し、自己肯定感を築き、子どもの感情面・身体面の発達をサポートするような育て方を学ぶことです。そうすることで、みんながもっと生活を楽しむことができます」

「Triple Pは、それを可能にするスキルと実用的で分かりやすい方法を親に提供します」

写真について:チャペルヒル小学校P&C委員で、臨床心理士のカーメン・スプリー博士(2人のお子さん、リアム君9歳とリンダちゃん4歳との写真)は、Triple Pプログラムを推薦しています。スプリー博士は、Triple Pトレーナー、そしてファシリテーターであり、学校で子育てセミナーを実施した経験があります。