Dad_and_son_cuddling_Getty_93226515.jpg

12歳までの子どものいるすべての親のためのヒントトップ10

1. 良質な時間について知りましょう

子どもが親に何か見てほしい時に、手を止めて注目しましょう。短い時間、なるべく頻繁に、子どもと一緒以楽しめることをして時を過ごすことは大切です。

2. 子どもをハグしましょう

子どもにたくさん愛情を示しましょう。子どもは、ハグ、抱っこ、手をつなぐなどの愛情表現を好みます。

3. 子どもと話しましょう

子どもが興味を持っていることについて、子どもと話しましょう。親自身について、その日に起こったことも話してみましょう。

4. 子どもをほめましょう

子どもにもっとしてほしいを思っていることを、子どもが実際にしている時に、それを描写しながらほめることを頻繁に行いましょう。例えば、「頼まれたことをすぐにしてくれてありがとう。」という感じです。

5. 子どもが一人で楽しめるように促しましょう

子どもは、退屈な時によくない行動を起こしがちです。屋内・屋外でできる活動をたくさん用意しましょう。例えば、ブロック、ぬり絵、ダンボール箱、キャラクターの仮装、おもちゃの家などです。

6. 親が手本となりましょう

子どもに新しいスキルを教えるには、まず自分がやって見せて、子どもにその新しいスキルを身につける機会を与えましょう。例えば、丁寧な言葉づかいを教えたいのであれば、まず家でお互いに丁寧な言葉づかいを使います。そして、子どもにやさしい話し方をするように促し(例:「お願いします」って言ってごらん;「ありがとう」って言おうね、など)、子どもの努力をほめましょう。

7. わかりやすいルールを作りましょう

子どもの行動について、明確なルールを作りましょう。家族で集まり、家庭でのルールについて話し合いましょう。ルールが破られた時にどうなるかも子どもに伝えます。

8. わかりやすい指示を与えましょう

子どもがよくない行動をとった時は、落ち着いて、その行動をやめるようにはっきりと言います。そして、代わりにしてほしいことを伝えます(例:「ケンカはやめなさい。一緒に仲良く遊ぼうね」)。子どもがよくない行動をやめたらほめます。もしやめなかったら、適切な結果を用いて対応しましょう。

9. 自分の期待していることをチェックしましょう

現実的な期待を持ちましょう。子どもは誰でも、時にはよくない行動をしますから、時々しつけで苦労することは避けられません。完璧な親であろうとすると、イライラや挫折感に自分を追い込んでしまいます。

10. 自分自身を大切にしましょう

自分を大切にしましょう。ストレス、不安、落ち込みを感じていると、親として落ち着いて、リラックスしていることが難しくなります。できれば週に1度、息抜きをしたり、自分が楽しめることをする時間を見つけましょう。

www.positiefopvoeden.nl www.triplep-parenting.net www.triplep-annebabalik.net www.triplep-parenting.uk.net www.triplep-parenting.net.au www.triplep-eltern.de www.triplep-parenting.com www.triplep-parenting.net.nz www.triplep-parenting.ca www.triplep-crianza.com