「ヘリコプター・ペアレント」:子どもがリスクを負うべき理由

「ヘリコプター・ペアレント」は、子どもの生活のあらゆる側面を見守っています。そうした親は、子どもがどんなリスクや失敗にも直面しないようにする必要を感じています。しかし、子どもはリスクを負うことによって学習するのです。

ですが、これは親には分かり辛い点です。単に子どもを守っているだけなのか、行き過ぎなのか、どうしたらわかるのでしょう?

例えば、木に登ろうとしている子どもがいるとします。「ヘリコプター・ペアレント」は、子どもに「気をつけて」と言いながら、心配そうに周りをウロウロするでしょう。

また、子どもの活動に関わり過ぎる親もいます。このような親は、子どもの宿題をしたり、悪い成績について先生と口論したりすることもあります。

子どもは自分で物事を行うことを学ぶ必要があります。子どもは、ある程度のリスクを負って、間違いをしながら学ぶ必要があるのです。こうした機会が与えられないと、いつ成長できるのでしょう?子どもが、何でも自分のためにやってくれる親に頼り過ぎて、自分で決断ができなくなることもあります。

まず、親が自分の行動に注意することです。最終的には、どのように子どもを観察すべきかについてもっとリラックスできます。子どもに成長する機会を与えながら見守ることに慣れてきます。

www.positiefopvoeden.nl www.triplep-parenting.net www.triplep-parenting.uk.net www.triplep-parenting.net.au www.triplep-eltern.de www.triplep-parenting.com www.triplep-parenting.net.nz www.triplep-parenting.ca www.triplep-crianza.com