「子どもを怒鳴りつける」そして「完璧な親」の罠。どうやって回避できるでしょう!

親であることのプレッシャーから、よくある子育ての罠に陥るのは簡単です。ここにその例を挙げます:

「批判」の罠とは、頻繁に子どもと対立するときに起こります。親は子どもを批判し始め、そのうちに脅したり怒鳴ったりします。こうした口論は、親と子ども両方が怒ったままの状態を生みます。こうした対立が多いのであれば、状況に対応する新しい方法を試す時です。

「そっとしておこう」の罠は、子どもがよい行いをしている時に、親がほめないときに起こります。子どもは注意を引くためによくない行動をし始めるかもしれません。もっとしてほしいと思う行動をほめるようにしましょう。

「子どものために」の罠は、不幸な結婚生活を送っている親が、子どものためと思って、自分たちの問題に対応しない時に起こります。

「完璧な親」の罠:完璧な親は存在しません。そうなろうとしても、失望、怒り、罪悪感を感じるだけです。

「犠牲者」の罠は、親が自分自身のニーズを無視するときに起こります。子どものために自分のすべての時間を捧げる必要はありません。よい子育ては、大人が自分のニーズにも気を配った時にのみ起こります。

www.positiefopvoeden.nl www.triplep-parenting.net www.triplep-parenting.uk.net www.triplep-parenting.net.au www.triplep-eltern.de www.triplep-parenting.com www.triplep-parenting.net.nz www.triplep-parenting.ca www.triplep-crianza.com