子ども、広告、「だめ」と言うこと!

朝食のシリアルから最新のコンピューターゲームまで、あらゆる物に当てはまりますが、子どもは買ってほしいものについて、とても明確なアイデアを持っているはずです。

子ども向けのマーケティングに費やされる費用について考えれば、それは驚くことではありません。一日2時間テレビを見る子どもは、毎年1万本以上の広告を目にしているのです。

日々流される広告から子どもを遮るために、私たちが出来ることは、あまりありません。しかし、母親、父親、そして子どもにとって、この物欲的な世界での生活を少し楽にする方法はあります。

なぜ買うのか、またはなぜ買わないのか、子どもに理解させる手助けをすることができます。単に「私の言うとおりにしなさい」と言うのではなく、その商品が適切でない理由を説明するとよいでしょう。金額が高すぎるのが理由でしょうか?子どもが大きくなったら買える、と伝えるのもよいでしょう。

お金の価値を教えることも、子どもの助けになります。子どもの思う通りに使える一定のおこづかいを与えましょう。6歳児でも空の貯金箱の意味は分かります。

最後に、子どもの前であなたが言ったり行ったりすることについて考えましょう。あなたが常に他の人々のことをその人が持っているお金の観点から話していると、子どもは、お金を持つことが最も重要な価値であると学ぶでしょう。

www.positiefopvoeden.nl www.triplep-parenting.net www.triplep-parenting.uk.net www.triplep-parenting.net.au www.triplep-eltern.de www.triplep-parenting.com www.triplep-parenting.net.nz www.triplep-parenting.ca www.triplep-crianza.com